PR

スポーツ スポーツ

【女子ゴルフ】“黄金世代”小祝さくら首位タイ リベンジに向け「攻めていく」 サマンサタバサ2日目

サマンサタバサ第2日 18番ホール、パットを沈め、ギャラリーの拍手に応える小祝さくら=14日、茨城県阿見町のイーグルポイントゴルフクラブ(撮影・戸加里真司)
Messenger

 日差しが強い。炎天下のゴルフ場は芝生からの照り返しが強く、体感温度は予想外に上がる。

 北海道生まれの小祝は「暑いのは苦手。氷嚢(ひょうのう)、日傘を持って、あとは1球打つ度に水を飲んでました」とケアを口にしたが、そんな悪環境が逆に“1打に集中”を生んだのかもしれない。序盤3番(パー5)で最初のバーディー。「取った記憶がないんです」と笑ったのがいい証拠である。

 終わってみればボギーなしの5バーディー。2日間“ノーボギー”の通算9アンダーで首位タイで最終日を迎える。

 アマチュアで優勝した勝、畑岡に、今季プロ初勝利を挙げた新垣と同じ“黄金世代”。小祝も5月の「中京テレビ・ブリヂストン」では、最終日首位で迎えたが、惜しくも2位に沈んだ。

 「あの時は守りに入った。今度は攻めていきたいです」。再び訪れた初優勝のチャンス。リベンジを誓う小祝がいた。(清水満)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ