産経ニュース

【大相撲】新大関栃ノ心、右足負傷で休場 3横綱に続き

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大相撲】
新大関栃ノ心、右足負傷で休場 3横綱に続き

 休場が決まり、取材に応じる大関栃ノ心=14日、愛知県春日井市  休場が決まり、取材に応じる大関栃ノ心=14日、愛知県春日井市

 大相撲の西大関栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=が大相撲名古屋場所7日目の14日、休場した。初黒星を喫した6日目に右足親指を痛めていた。

 今場所は鶴竜、白鵬、稀勢の里が休場し、19年ぶりに3横綱全員が不在となった。さらに初日から5連勝と期待に応えていた栃ノ心も欠く事態になり、今後の盛り上がりが懸念される。

 栃ノ心の休場は2017年初場所以来7度目。7日目の対戦相手、平幕正代は不戦勝となる。今場所の十両以上の休場者は、十両蒼国来を含め、5人目。

このニュースの写真

  • 新大関栃ノ心、右足負傷で休場 3横綱に続き

「スポーツ」のランキング