PR

スポーツ スポーツ

【高校野球】南神奈川大会 追浜3年・青柳竣也主将「行動で引っ張ってきた」

追浜の青柳竣也主将
Messenger

 高校野球南神奈川大会1回戦・追浜-茅ケ崎北陵の一戦で追浜の攻撃が終わり、ベンチからレフトの守備に向かう場面。3年・青柳竣也主将は「行きまーす、せーの」とかけ声をかけ、他2人の外野手と同時にジャンプして、気持ちを高める。伝統的なルーチンを披露すると、客席の声援はひときわ大きくなった。「負けるわけにはいかない。ここからが勝負だ」と、人一倍大きな声でチームメートを鼓舞し、誰よりもチームメートを気遣う。

 「先制して勝ちを引き寄せるのがパターン。今日はいい流れに持っていけなかった」と試合を振り返る。初回に先制され、嫌な雰囲気が漂ったとき、なんとか士気を上げようと率先して声を出し続けた。

 「まじめで責任感がある」と監督は語る。本人にそう伝えると、笑って照れながら「僕は言葉で何かを伝えるのが苦手なんです。でもその分、プレーや行動で引っ張っていこうと思ってやってきた」と話した。今日も、チームで一番最初にヒットを打った。多くは語らず、行動で示す。

 気づいたことがあったらすぐに動いて指示を出してきた。昨夏はチャンスで1本が出ずに、悔しい思いをした。冬場にはスイング量を増やし、打撃の練習に力を入れてきた。練習でも、常にチームメートに気を配ることを主将として何よりも大切にしてきた。

 小学3年のときにソフトボールを始め、中学、高校ともに野球部で過ごした。大学進学を目指して野球と勉強の両立に努めてきた。最後の夏が終わり、人生の次のステップに向けて、これからは勉強に専念する。「大学でもどんな形であれ、野球には関わりたい」と、きらきらした瞳で語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ