産経ニュース

【高校野球】南神奈川大会 湘南工大付4失策 中盤粘るも「内野のミスなければ…」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
南神奈川大会 湘南工大付4失策 中盤粘るも「内野のミスなければ…」

初戦敗退が決まり肩を落とす湘南工大付ナイン=11日、藤沢市(河野光汰撮影) 初戦敗退が決まり肩を落とす湘南工大付ナイン=11日、藤沢市(河野光汰撮影)

 高校野球の南神奈川大会では、藤沢八部球場で横須賀工と激突した湘南工大付が、4失策と守備のミスが響き、3年連続の初戦敗退となった。

 湘南工大付の先発左腕・明石は長いリーチを生かした角度のある直球と変化球を投げ込み、初回、二回と横須賀工打線を完璧に封じ込める。明石は三回に先制を許すも、四、五回と相手打線を完璧に抑え込む。打線は相手先発・森川が投じる勢いのある直球を打ちあぐねるも、五回には4番・尾崎に適時打が飛び出し、1-1の同点。投手戦の様相を呈していた。

 試合の模様ががらりと変わったのは六回だ。安打や四球でランナーがたまると、相手4番に2点適時三塁打を浴びるなど、この回4失点。その裏に3点を取り返すも、主将の蛯原が「内野のミスがなければ…」と悔しそうに振り返った通り、試合を通じて守備の流れが悪く、守備から攻撃に良いリズムを作り出すことができない。

 八回には内野のエラーが失点に結びつき、駄目押しの1点を追加される。最終回には蛯原が意地の中前適時打を放ち、1点差に迫るも反撃はここまで。結果的に八回の失点が明暗を分けた。試合後、蛯原は「『点を取られたら取り返す』という展開がこれまで多く、声を掛け合って試合に臨むことはできた」とさっぱりとした表情を浮かべた。

 3年連続の初戦敗退については「自分としては、やり切った感がある。選手層が厚いので、後輩たちには夏、勝てるように頑張ってほしい」と話した。

関連トピックス

「スポーツ」のランキング