産経ニュース

【高校野球】銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕

第56回全国高校野球選手権決勝 銚子商-防府商 銚子商の篠塚利夫氏(現・篠塚和典)=昭和49年8月19日、甲子園 第56回全国高校野球選手権決勝 銚子商-防府商 銚子商の篠塚利夫氏(現・篠塚和典)=昭和49年8月19日、甲子園

 夏の甲子園制覇 千葉県勢は3回

 夏の甲子園での千葉県勢の優勝は昭和42年の習志野、同49年の銚子商、同50年の習志野の3回。特に昭和40年代は両校の黄金期で、同43年の千葉商を除き、両校のいずれかが甲子園に出場し、優勝3回、準優勝1回、ベスト8入り2回の輝かしい戦績を残している。

 千葉県勢は当初、関東、南関東、東関東などの枠で出場しており、千葉県単独で出場枠が認められるようになったのは昭和49年の第56回大会から。当時は銚子商、習志野などの公立校が強く、歴代の甲子園出場回数も1位は銚子商の12回、2位は習志野の8回で、3位を公立の千葉商と私立の成田が7回ずつで分け合う形となっている。

 平成に入ってからは拓大紅陵(5回出場)、千葉経大付(3回出場)といった私立勢が優勢で、平成28、29年と連続出場を続ける私立の木更津総合が今夏甲子園に出場すれば通算7回出場で出場回数で千葉県の3位に並ぶことになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕
  • 銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕
  • 銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕
  • 銚子商4番で全国制覇の元巨人、篠塚和典氏「そろそろ千葉に優勝旗を」 夏の高校野球東西千葉大会11日に開幕

関連トピックス

「スポーツ」のランキング