PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】伊藤光、白崎浩之らがトレード オリックスとDeNA

 オリックスの伊藤光捕手(29)、赤間謙投手(27)とDeNAの白崎浩之内野手(27)、高城俊人捕手(25)の2対2のトレードが9日、両球団から発表された。正捕手が固まっていないDeNAと打線強化を狙うオリックスの思惑が一致した。

 伊藤は2008年に高知・明徳義塾高から高校生ドラフト3巡目で入団。13、14年にともに137試合に出場して正捕手を務めたが、今季は7試合の出場にとどまり「突然のことで驚いている。優勝という恩返しができなかったのは心残りだが、新天地でも自分らしく頑張っていきたい」とコメントした。救援で昨季プロ初勝利を挙げた赤間は今季は1軍登板がなく「恩返しができるように横浜でも精いっぱい頑張る」と述べた。

 白崎は13年に駒大からドラフト1位で入団。昨年の日本シリーズで本塁打を放ったが今季は1軍出場がなく「貢献することができずに申し訳ない。活躍する姿を見せることが恩返しだと思う」と話した。高城は12年にドラフト2位で入団し今季は28試合で打率1割3分6厘。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ