産経ニュース

【高校野球】栃木大会開幕、足利大付が快勝で開幕戦飾る

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【高校野球】
栃木大会開幕、足利大付が快勝で開幕戦飾る

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会が6日、宇都宮清原球場(宇都宮市清原工業団地)で開幕し、1回戦2試合が行われた。開幕戦は足利大付が鹿沼東にコールド勝ちを収め、第2試合は黒羽が黒磯を1点に抑えて快勝。それぞれ2回戦に進んだ。

 開会式では、連合チームを含め出場62校59チームの選手が息の合った行進で入場。女子生徒の国歌、大会歌の独唱、黒磯南の渡辺龍司主将の力強い選手宣誓で大会の幕が開けた。

 開幕戦は、足利大付が初回、5番・飯田の右中間二塁打で2点を先制すると、その後も小刻みに得点。1~5番の上位打線が2安打ずつ放ち、13安打10得点で八回コールド勝ちを決めた。鹿沼東は3点を返したが、3人が継投した投手陣は足利大付の勢いを止められなかった。

 黒羽対黒磯は1対1で迎えた六回、黒羽が1番・秋元の中前打で勝ち越すと、7回には主砲・渡辺の一塁線を破る痛烈な二塁打で2点を加点。先発・岸も黒磯を1点に抑えて完投した。黒磯は計5安打も連打が出ず、完投した2年エース、山田を援護できなかった。

 2日目の7日は2球場で1回戦5試合が行われる。(根本和哉)

関連トピックス

「スポーツ」のランキング