PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】酒井高徳「僕の席を若い人に渡したい」 サッカー日本代表引退は翻意せず 

新潟県三条市の国定勇人市長(右)と談笑する酒井高徳選手=6日、同市役所(松崎翼撮影)
Messenger

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベスト16入りを果たした日本代表のDF酒井高徳(27)は6日、出身地の新潟県三条市の同市役所に国定勇人市長を訪ね、地元の応援に感謝するとともに、敗退後に表明した代表引退について「僕の席を若い人に渡したい」と説明し、固い決意を示した。

 1次リーグ第3戦のポーランド戦に酒井はフル出場を果たし、左足でシュートを放つなど果敢な攻撃も仕掛けた。「前回大会は試合に出られず、どんな形であっても出るチャンスがほしかったので良かった」と笑顔で振り返った。

 決勝トーナメント1回戦のベルギー戦後、酒井は4年後のカタールW杯を目指さない意向を表明している。国定市長は「結論を急がないで」と再考を促したものの、酒井は「代表に8年間いても結果を出せなかった。僕の席を若い人に渡したい」と語り、翻意しない考えを強調した。

 報道陣の取材に応じた酒井選手は「選手人生は続いていく。向上心を持って所属クラブを1部に上げられるように全力を尽くす」と言葉に力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ