PR

スポーツ スポーツ

【大相撲名古屋場所】稀勢の里が休場決断「来場所に向けて頑張る」 次の出場場所で進退

 横綱稀勢の里
Messenger

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が5日の朝稽古後、8日初日の名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)を休場することを明らかにした。8場所連続休場となり、年6場所制となった昭和33年以降の横綱としては貴乃花と並んでいた7場所連続休場の最長記録を更新した。

 名古屋市の田子ノ浦部屋宿舎で取材に応じた稀勢の里は「きのう(4日)の稽古が終わって決断した。だいぶ体も感覚もよくなってきたので、来場所(9月の秋場所)に向けてしっかり頑張りたい」と述べた。次に出場する場所で進退をかける意向は変わらず、「そういう気持ちでいる」と言い切った。

 稀勢の里は名古屋場所出場に向けて2日から3日連続で出稽古に行き、2日には横綱白鵬と申し合いをこなすなど調整ペースを上げていた。しかし、横綱審議委員会などが求める「万全」とまでは至らず、休場を了承した師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「迷惑を掛けているので、出るからにはみんなに気持ちを返せるような相撲を取らせたい。もう1回やらせてもらいたい」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ