PR

スポーツ スポーツ

【アメフット】日大の悪質タックル、第三者委も前監督らの指示認定 もみ消し図る不当介入も判明

会見する第三者委委員長の勝丸充啓弁護士(中央)、事務局長の磯貝健太郎弁護士(左)、委員長代理の辰野守彦弁護士=29日午後、東京都港区(佐藤雄彦撮影)
Messenger

 日本大アメリカンフットボール部の悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手が関西学院大選手に犯した危険な反則タックルについて、内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。

 内田前監督と井上前コーチを「指導者としての資質を著しく欠いている」とした上で、責任転嫁するような姿勢を「極めて悪質」と指摘。問題発生後の対応では、一部の日大関係者や職員が前監督らの指示がなかったように、もみ消しを図ろうとした不当介入も判明し、「看過できない事実で、今後、日大のガバナンスの在り方を検討する上で十分勘案していかなければならない」と断じた。

 第三者委の勝丸充啓委員長は記者会見で「(悪質な反則行為は)この一度だけでなく、他の選手に対しても似たような指示が繰り返し行われていた」と説明。勝利優先でスポーツマンシップからかけ離れた指導が常態化していたことが浮き彫りになった。

 日大は今後、選考委員会を立ち上げ指導陣を選ぶが、関東学生連盟は選考過程が不透明などと懸念を表明。第三者委は、外部の人材を交えた選考委員会を設け、手続きを透明化させるよう求めた。

 また、日大アメフット部はこの日、約1カ月半ぶりに都内のグラウンドで全体練習を再開した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ