PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】長谷部「真実は結果の中にしかない」 負けているのに消極ボール回し、一か八かの戦術の功罪

 ポーランド戦の後半に途中出場し、指示を出す長谷部=28日、ボルゴグラード(AP)
Messenger

 【ボルゴグラード=吉原知也】ポーランドに0-1で負けている状況にもかかわらず、後ろでゆっくりとボールを回す日本の選手たちに、容赦ないブーイングが浴びせられた。勝利を目指してひたむきに戦ってきた初戦のコロンビア戦や第2戦のセネガル戦から一変した時間稼ぎのプレーは、美しくなかった。西野監督は攻撃的なスタイルを貫く自身の「美学」よりも、16強入りの「使命」を優先した。

 だが、批判を覚悟で採った戦術は、単なる安全策ではない。別会場で同時刻に行われていたセネガル-コロンビアで、セネガルも0-1で負けていた。このまま終われば、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメントに進出できるが、セネガルが得点を奪えば、日本の敗退が決まる。

 攻勢に出て自力突破できる引き分けに持ち込むか、セネガルの負けに懸けるか。刻一刻と変わる状況の中、可能性を冷静に分析し、後者を選択した。

 あとは指示をピッチの選手に徹底する必要があった。使者となったのが、後半37分に3人目の交代枠で出場した長谷部誠(Eフランクフルト)。「絶対に失点するな」「イエローカードに気を付けろ」。長く日本代表を牽引してきた主将は心を乱されそうになる選手たちの手綱を締めた。

 消極的なプレーを強いた西野監督は試合後、申し訳なさそうに話した。「非常に厳しい選択だった。選手は納得していないと思う」。だが、選手たちも指揮官の思いは分かっていた。「セネガルが追い付いていたら、批判された試合運びだった。いろんな議論があるだろうが、真実は結果の中にしかない」と長谷部。長友佑都(ガラタサライ)は「見苦しい試合かもしれないが、僕たちの目標は前に進むこと」と言った。

 ただ、厳しい見方をすれば、抜擢された控え組が機能せずに先制点を奪われ、苦渋の選択をしなければならないところまで追い込まれた結果なのは間違いない。決勝トーナメント1回戦では、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位のベルギーが相手。同じ戦い方は通用しない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ