産経ニュース

【ロシアW杯】「歴史的瞬間!」 ドイツ下した韓国 予選リーグ敗退にも大歓喜

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ロシアW杯】
「歴史的瞬間!」 ドイツ下した韓国 予選リーグ敗退にも大歓喜

後半、VARでゴールが認められ、歓喜する韓国イレブン=カザン(共同) 後半、VARでゴールが認められ、歓喜する韓国イレブン=カザン(共同)

 【ソウル=名村隆寛】サッカーのワールドカップ(W杯)の予選リーグ(F組)最終戦で、ドイツに2-0で勝利した韓国は、決勝トーナメント進出を逃したものの、韓国国内は「歴史的瞬間!」(MBCテレビ)などと、前大会の覇者、ドイツに一矢を報いたことで歓喜に包まれた。

 スウェーデン、メキシコに連敗し勝ち点0だった韓国は、「1%の希望も捨てず、最後まで逆転のチャンスを作る」(申台龍=シン・デヨン=監督)とドイツ戦に臨んだ。試合の模様は今回も、KBS、MBC、SBSの主要3放送局がテレビで生中継。各局は、2002年の日韓大会で4強進出を果たした当時の元代表選手を、それぞれ解説者に迎えて中継するという熱の入れようだった。

 最後まで“奇跡”を信じ続ける一方、韓国では予選リーグ2連敗で迎えた前大会の覇者、ドイツとの一戦を前にあきらめに近いムードも漂っていた。そんな中、コロンビアに勝ち、セネガルと引き分けた日本への注目度や評価は高く、日本と比較して韓国代表のふがいなさを嘆く声も広がっていた。

 韓国にとってドイツは、2002年大会の準決勝で敗れた因縁の相手。今大会でもはるかに格が上のチームだ。試合を見守る韓国では、それでも「駄目だったとしても意地を見せてくれ」という雰囲気が漂っていた。

 韓国国民の願いが通じたのか、後半終盤の先制ゴールに続き、ロスタイムで2点目のゴールが決まった瞬間、中継する各局はまるで、韓国が優勝したかのような騒ぎよう。「ドイツの決勝トーナメント進出を初めて阻んだ!」(MBC)とアナウンサーが絶叫した。予選落ちよりも「歴史的な勝利」に韓国は酔いしれた。

 試合開始が午後11時という深夜にもかかわらず、ソウル市中心部の光化門広場などでは、この日も、パブリックビューイングが催され、大勢のファンが集結。巨大スクリーンを前に「デーハンミングッ(大韓民国)!」と叫び応援し、韓国チームの“歴史的な勝利”に喜びを発散させた。

「スポーツ」のランキング