PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】NPB「試合のやり直しはしない」 誤審問題、オリックスは当該プレーからの続行を再要望

 22日のオリックス-ソフトバンク10回戦の試合後に審判団が誤審を認めた問題で、日本野球機構(NPB)は26日、東京都内で野球規則委員会を開き、試合のやり直しを行わないことを確認した。オリックスは同日、アグリーメント違反などを理由に、当該プレーからの試合続行をNPBに再要望した。

 公認野球規則では「審判員の判断に基づく裁定については、どのような提訴も許されない」としており、仲野和男パ・リーグ統括は「誤審は認めたが、本塁打(とした)裁定は最終的なもの。野球規則に基づき、続行試合は行わない」と説明した。再発防止策として、リプレー検証の運用マニュアルの改定を検討。映像の検証方法などを細分化し、周知徹底を図る。

 NPBの回答に対し、オリックスは「確証のある映像がない場合は審判団の判断とする」とのアグリーメントを踏まえ、「わずか1時間後に誤審を認めるようなずさんな検証で裁定を覆したのは違反。『野球規則と競合する場合は、アグリーメントが優先する』と規定されている」などと反論した。

 試合は延長十回、ソフトバンクの中村晃の右翼ポール際への球がファウルと判定されたが、リプレー検証で2ランに覆り、5-3でソフトバンクが勝利。試合後、オリックスの抗議を受けて映像を再検証し、審判がファウルだったと認めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ