PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】セネガル戦・前日会見詳報(3) 西野監督自信「恐れることはまったく思っていない」

セネガル戦を前に記者会見に臨む西野監督=23日、エカテリンブルク(撮影・中井誠)
Messenger

 --(海外メディア)セネガルの規律以外で注意しているところは?

 西野監督「マネしかり、個々のスピードに日本が何人かで対応してもそれを破壊する力がセネガルの個々に存在する。組織的に守ろうとしても個の力で粉砕される状況というのが考えられる。入れ違った瞬間にまたさらに対応をしないといけない。推進力を抑える対応をチームとして考えないといけないと思っています」

 --(海外メディア)日本を出発する前に、「奇跡でもなければコロンビアに勝てない」と言っていた。どうして当時はそこまで悲観的だったのか?

 西野監督「それは『また奇跡を起こせますか』という質問を受けたので、『コロンビアに勝つのは小さな奇跡ですよ』と答えた。(1996年アトランタ五輪で)昔ブラジルを破ったから言われているのだと思うが、私も選手もそうは思っていない。奇跡という言葉が一人歩きしている。特にネガティブというか悲観的に答えたつもりはありませんが、実際にコロンビアに勝つために準備をしてきた。現実としてそれが実現した。奇跡とは私はまったく見ていません」

 --ベースはコロンビア戦と変えないという話をしていた?

 西野監督「あまりお話はしたくありませんが、全員がピッチに立てるという現実はある。コンディションが悪い選手がいない、という状況で臨める。選択肢はもちろんあります。初戦で数的優位な状況で戦い切れた状況もあるので、基本的にはスタートメンバーはコロンビア戦に、というところは現時点では考えております」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ