PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】オリックスが2位守る 交流戦、全日程が終了

阪神対オリックス 引き分けで2位を守り、ハイタッチするオリックスナイン=21日、甲子園球場(撮影・松永渉平)
阪神対オリックス 引き分けで2位を守り、ハイタッチするオリックスナイン=21日、甲子園球場(撮影・松永渉平)

 プロ野球の日本生命セ・パ交流戦は21日、最後の1試合が行われ、全日程が終了した。オリックスは阪神と延長十二回の末、3-3で引き分け、11勝6敗1分けで2位を守った。セ、パ両リーグ内の対戦は22日に再開する。

 通算成績は9年連続13度目の勝ち越しを既に決めていたパが59勝48敗1分けで終了。交流戦でのパの最上位はオリックスの2位で、勝ち越したリーグの6球団に順位に応じて割り振られる賞金として1千万円を獲得した。

 最高勝率チームは17日にヤクルトが球団史上初で、セの球団としては12年と14年の巨人に続いて3度目となる交流戦1位を決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ