PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】東京ドーム1万人熱狂

パブリックビューイング会場で、日本勝利に歓喜する日本代表サポーター=19日、東京ドーム(撮影・福島範和)
Messenger

 手に汗握る試合展開にサポーターらは熱狂した。

 東京ドーム(東京都文京区)で行われたパブリックビューイング(PV)には、日本代表のサムライブルーのユニホームに身を包んだ約1万1千人の観客が集結した。

 日本が先制点を奪うと観客は跳び上がり、ハイタッチを交わし歓喜。後半に相手を突き放す2点目が決まると、総立ちで祝福した。東京都の岸田晋也さん(22)は「大会前は負けが続き、不安もあったが良いスタートになった」。会社員の西圭子さん(32)は「厳しい相手に見事な戦い。鳥肌が立った」と喜んだ。

 サポーターが集まった東京・渋谷では19日夜、警視庁が渋谷駅前のスクランブル交差点付近で数百人の機動隊員らを投入し、トラブルを警戒した。

 渋谷駅周辺ではサッカー観戦できるスポーツバーなどがあるため、これまでもW杯など注目度の高いサッカー日本代表の試合が行われた際にはサポーターが集結。試合後に大勢のサポーターがスクランブル交差点を斜め横断してハイタッチするなどの騒ぎになり、同庁が事故防止の対応に当たってきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ