産経ニュース

【ラグビー】入場券申し込み、すでに販売予定数上回る200万枚…ただし日本戦など一部に集中 W杯日本大会組織委

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ラグビー】
入場券申し込み、すでに販売予定数上回る200万枚…ただし日本戦など一部に集中 W杯日本大会組織委

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会組織委員会は14日、180万枚の販売を目指し、先行抽選販売を実施している入場券の申し込み数が12日現在で約200万枚分に達したと明らかにした。人気は日本戦や東京都、横浜市、岩手県釜石市での開催試合など一部のカードに集中しているという。

 組織委の嶋津昭事務総長は「全体としてはまだら模様。参加20チームそれぞれ(の試合)を楽しんでもらうための売り方を、さらに進めていかないといけない」と9月19日から始まる一般販売に向け、てこ入れを図る考えを示した。

 大会公式サイトから無料で登録できる「サポーターズクラブ」会員向けの先行販売(6月26日締め切り)には12日現在で107の国・地域から約40万枚分の申し込みがあった。3割が海外からで1位は英国。以下豪州、アイルランドと続いた。

「スポーツ」のランキング