PR

スポーツ スポーツ

【熱球リプレイ】併殺チェンジが一転、大チャンスに 「僕と勝負してくる」 ロッテの清田育宏、先読み当たりタイムリー

Messenger

 さらに中村の死球で2死一、二塁となったとき、「カク(角中)はあれだけ打っている(交流戦の打率4割3分8厘=12球団トップ)。ボール球中心の投球となり、僕との勝負になってくるだろう」とネクストバッターズサークルで冷静に状況を先読みし、臨んだ打席で見事に結果を出した。

 前日の同じDeNA戦ではチャンスで併殺に倒れていただけに、「きのうの反省を生かして打ててよかった」。清田は6日の中日戦(ナゴヤドーム)以来、一週間ぶりの打点にホッとした表情を浮かべた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ