産経ニュース

【話の肖像画】元サッカー日本代表・釜本邦茂(3)東京五輪は「何もできなかった」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
元サッカー日本代表・釜本邦茂(3)東京五輪は「何もできなかった」

東京五輪の4年後のメキシコ五輪で大活躍=昭和43年 東京五輪の4年後のメキシコ五輪で大活躍=昭和43年

 〈日本蹴球協会(日本サッカー協会)は昭和39年東京五輪に向けた強化のため、35年からソ連(当時)や欧州への遠征を毎年、実施していた。釜本は五輪前年の夏、初めて遠征メンバーに選ばれた〉

 遠征は船旅でした。横浜港から丸2日以上かけてソ連のナホトカに入り、汽車で18時間かけてハバロフスクへ行き、現地のチームと対戦していきました。1カ月ぐらいかけて。まさに武者修行ですよ。ソ連代表チームとも戦いましたが、そのほかの相手はよく分からない地元のチーム。軍隊だったり、学生だったり。それなのにこんなに負けるか、というぐらい負けましたね。こちらは代表チームなのに、ですよ。国際試合の経験がなかったからね。鍛えられました。

 〈東京五輪には最年少の20歳でメンバー入りを果たした。五輪で自身は4試合すべてに出場したが、わずか1ゴールに終わった〉

 東京五輪では、悔しい思いしか残っていない。「何もできなかった」という感じかな。

 正式メンバー発表は開幕(10月)直前の9月だったと思います。夏の欧州遠征メンバーに入ったので、選ばれるだろうなとは思っていましたが、長沼健監督(当時)が読み上げるメンバーになかなか呼ばれない。「駄目かも」と覚悟しました。結局、名前が呼ばれたのは最後でした。

続きを読む

関連トピックス

「スポーツ」のランキング