産経ニュース

【テニス】「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【テニス】
「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国

テニスの全仏オープン女子ダブルスで獲得した準優勝のプレートを手に笑顔を見せる穂積(右)と二宮=12日、羽田空港 テニスの全仏オープン女子ダブルスで獲得した準優勝のプレートを手に笑顔を見せる穂積(右)と二宮=12日、羽田空港

 テニスの全仏オープン女子ダブルスで準優勝した穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)が12日、羽田空港に帰国した。四大大会のオープン化以降、日本人同士のペアとして初めて果たしたダブルス種目での決勝進出に、穂積は「史上初の記録を作れたのはすごく自信がついた」と手応えを口にした。二宮は「すごくうれしいが、あそこまでいったら優勝したかった」と悔しさをにじませた。

 空港では大勢の報道陣やファンが2人を待ち受け、穂積は「びっくりした。憧れでもあったので、すごく幸せ」と喜んだ。ともに2020年東京五輪を目指す24歳は、7月のウィンブルドン選手権にはそれぞれ別のペアで臨む予定。帰国中に食べたいものを聞かれると、穂積は「ギョウザ」、二宮は「牛タン」と笑顔で答えた。

このニュースの写真

  • 「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国
  • 「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国
  • 「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国
  • 「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国
  • 「自信ついた」「優勝したかった」全仏女子ダブルス準Vの穂積絵莉、二宮真琴組が帰国

「スポーツ」のランキング