PR

スポーツ スポーツ

【スポーツ異聞】岡山、勝みなみ…活躍の若手続々 女子ゴルファー

Messenger

 ランク外では12位の永峰咲希(23)が2239万5000円を獲得。14位に新垣比菜(19)、28位に小祝さくら(20)ら“勝みなみ世代”の新鋭がランクイン。三浦は693万999円で44位ながら、新たに資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ」とスポンサー契約を結んだことで注目を集めた。

 米ツアーに目を移すと、日本女子オープン連覇の畑岡奈沙(19)が5月27日に閉幕した「ボルビック選手権」で10位など3試合連続でトップ10入り。この間、ホールインワンを記録するなど存在感をアピールしている。

 一方、男子は若手が伸び悩んでいる。50歳で日本プロゴルフ選手権(房総)で優勝を飾った男子の谷口徹は「本当は自分が優勝するようでは駄目。若手には才能があるヤツが多いが、目標としているところが低い。トップ10入りなんてことを言う。何が何でも優勝するという気持ちでいて欲しい」とカツを入れていた。

 そんな男子だが、秋吉翔太(27)が「ミズノオープン」でツアー初優勝を飾った。少しずつだが、芽が出そうな雰囲気はある。

 それでも、次から次へと出てくる女子の若手はすごい。勢いでは間違いなく、女子に分がありそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ