PR

スポーツ スポーツ

秋田犬「マサル」25日にロシアへ ザギトワに贈呈「やんちゃだけど忠実」

フィギュアスケートのザギトワ選手に贈られる秋田犬「マサル」=23日午後、東京・銀座の秋田犬保存会東京都支部(宮崎瑞穂撮影)
Messenger

 平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)に秋田犬保存会(秋田県大館市)が贈る子犬が25日午前、成田発の日航機でモスクワに空輸される。日露首脳会談のため現地を訪問する安倍晋三首相も出席して、26日に贈呈式が行われる。

 保存会は23日、東京・銀座の東京都支部で出発直前の子犬の様子を産経新聞に公開した。生後3カ月の赤毛の雌で、体重は約10キロ。関係者にじゃれつくなど元気な姿を見せた。

 五輪前に新潟で調整していたザギトワ選手が雑誌で見た秋田犬を気に入り、母親に「飼いたい」とおねだり。「五輪でうまく滑れたらね」と約束された。インターネットの産経ニュースでそのことを知った保存会が贈呈を決めた。

 贈られる犬は各地の保存会会員が育てている5匹の候補の写真の中からザギトワ選手が選んだ。「勝利」の意味を込めて「マサル」と名付けたいと話している。

 保存会会長の遠藤敬衆院議員は「秋田犬は世界で注目されている。ザギトワ選手が飼うことで日本でも良さが見直されてほしい」と期待。マサルのブリーダー、浜田正巳さん(79)=秋田県大仙市=は「やんちゃだが忠実で飼いやすい犬。かわいがってもらえると思う」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ