PR

スポーツ スポーツ

【アメフット】「行儀良い国に衝撃」 本場米国で続々報道 “パワハラ文化”も紹介 

アメリカンフットボールの反則問題を巡り、記者会見で謝罪する日本大の宮川泰介選手=22日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ
Messenger

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は22日、「フットボールの衝突が日本中を包み込む」と題した長文の特集記事を掲載した。問題となったタックルに言及しつつ、和製英語の「power hara」(パワハラ)という言葉を紹介。「権力のある者が、下の人間の意志に関わらず行為を強要するハラスメントだ」と説明し、日本での違反行為は「単なるペナルティー」では済まず、根深い文化的な問題について全国的な議論を引き起こしているとした。

 また、野球とサッカー、相撲に人気が集まり、アメフットに注目が向けられることはまれだと、日本のスポーツ界の現状を紹介。その上で、今回の問題では、「日本では高く評価される権威への服従心やチームへの揺るぎない忠誠心を浮き彫りにした」と指摘した。

 また、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は22日、AP通信が配信した記事を掲載。記事は腰を90度に折り曲げて深々と謝罪したことを伝え「日本では深い反省の意を示す」と説明。「野球と相撲、行儀良さで知られる国で多くの人に衝撃を与えた」と報じた。(ニューヨーク 上塚真由)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ