PR

スポーツ スポーツ

【アメフット】反則は監督指示と主張へ 日大選手、22日会見 アメフット悪質反則問題

6日に東京都内で行われた定期戦で、パスを投げ終えた関学大選手に背後からタックルする日大の選手(関学大提供・背番号をモザイク加工しています)
Messenger

 アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた日本大の選手が22日に東京都内で記者会見することになった。日大選手の代理人が21日、発表した。関係者によると、選手は内田正人前監督(19日付で辞任届受理)とコーチの指示に従って危険なタックルをしたと説明する予定で、日大や内田前監督のこれまでの主張と大きく食い違う形になる。

 この選手は6日の試合で、パスを投じた後で無防備だった関学大クオーターバックに背後から激しくタックルした。内田前監督は19日に引責辞任を表明したが、危険なタックルを指示したか否かについては言及を避けた。日大広報部は、内田前監督が学内の調査に「違反をしろと言っていない」と述べたと明らかにしており、15日付の関学大への回答書では「指導と選手の受け取り方に乖離が起きたことが問題の本質」とした。詳細な経緯などは24日をめどに再回答する。

 負傷した関学大選手の父親で大阪市議の奥野康俊さんは21日、大阪市内で記者会見し、大阪府警に被害届を提出した理由について、日大の内田前監督の説明で「真実を聞くことができなかった」と説明した。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ