PR

スポーツ スポーツ

【大相撲夏場所】大関とり栃ノ心、全勝ターン 白鵬、鶴竜は1敗守る

大相撲五月場所8日目 栃ノ心は寄り切りで逸ノ城を破る=20日、両国国技館(撮影・田村亮介)
大相撲五月場所8日目 栃ノ心は寄り切りで逸ノ城を破る=20日、両国国技館(撮影・田村亮介)
その他の写真を見る(1/3枚)

 大相撲夏場所8日目は20日、両国国技館で行われ、大関昇進を目指す栃ノ心は逸ノ城との関脇同士の対戦を力強く寄り切り、8戦全勝で勝ち越しを決めた。両横綱は鶴竜が平幕千代大龍を上手出し投げで退け、白鵬は平幕豊山を寄り倒し、ともに1敗を守った。

 大関豪栄道は大栄翔に押し出され、3連敗で苦しい5敗目。小結御嶽海は5勝目を挙げた。逸ノ城は4連敗で星が五分に戻った。

 ただ一人全勝の栃ノ心を追う1敗は鶴竜、白鵬、平幕千代の国の3人となった。十両は明生ら3人が1敗でトップ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ