PR

スポーツ スポーツ

【MLB】大谷翔平の第1打席は三振 サイ・ヤング賞右腕と対戦

アストロズ戦の1回、空振り三振に倒れたエンゼルス・大谷。投手バーランダー=アナハイム(共同)
Messenger

 エンゼルスの大谷は休養日だったコザートが復帰してもトラウトとの1、2番コンビは変わらなかった。ソーシア監督は「これからもずっと続けるつもりはないが、現状では一番いい形」と説明した。

 サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)右腕バーランダーとは初対戦。4月の3連戦では大谷に打者としての出場機会がなかったが「捉えにくい印象。ベンチからしか見ていなかったが、やっぱりすごい球を投げていた」と印象を話す。一回は外角速球2球で追い込まれると一転して内角攻めに。最後は内角低めの変化球で空振り三振だった。

 試合前には20日(日本時間21日)の登板に備えてブルペンで20球を投げた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ