PR

スポーツ スポーツ

【主張】悪質タックル スポーツ界の常識を疑う

Messenger

 今後、規律委員会で最終的な処罰を検討するという。選手の独断だったのか、チームとしての意思が働いた結果なのか、早急な検証と厳しい対応を求めたい。

 2020年東京五輪の開催が決まり、各競技団体(NF)は強化に加え、選手教育にも力を入れている。しかし、大学スポーツは各運動部の自主的な活動に委ねられており、NFの目が行き届いていない。名門大学の看板を背負った勝利至上主義が、暴走につながった面は否定できない。

 本来はスポーツ庁が指導的役割を果たすべきだが、大学スポーツの統括組織となる日本版NCAAは今年度中に創設される方針で、対応が後手に回っている。

 日本スポーツ界の常識も疑われている。カヌーではライバル選手の飲料に禁止薬物を混ぜる事案があり、他競技でもドーピングなどの不祥事が続いている。

 選手強化より先に、やるべきことがあるはずである。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ