PR

スポーツ スポーツ

【欧州サッカー】マルセイユ酒井宏樹らが最終調整 アトレチコ・マドリードと欧州リーグ決勝

 ギャンガン戦の後半、ボールを追うマルセイユの酒井宏=ギャンガン(共同)
Messenger

 サッカーの欧州リーグは16日、フランスのリヨンで決勝が行われ、酒井宏樹のマルセイユ(フランス)がアトレチコ・マドリード(スペイン)と対戦する。15日は試合会場で公式練習が行われ、左膝負傷から復帰した酒井宏も参加した。記者会見でマルセイユのガルシア監督は「全員が出場可能だ」と述べた。

 マルセイユは前身の欧州連盟(UEFA)カップを含め、フランス勢で初の優勝を目指す。1993年には同国で唯一の欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇を果たしており、ガルシア監督は「25周年の節目に、今度は欧州リーグでも唯一の王者になれたら素晴らしい」と意気込んだ。

 アトレチコ・マドリードは2010、12年に優勝し、14、16年には欧州CLで準優勝と決勝の雰囲気に慣れている。総合力で優位とみられるが、シメオネ監督は「拮抗した内容になるだろう」と慎重に予想。同監督は審判への侮辱に対する処分で、準決勝に続きベンチ入り停止となる。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ