産経ニュース

日大アメフット部の悪質反則、鈴木大地スポーツ庁長官「危険な行為」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新


日大アメフット部の悪質反則、鈴木大地スポーツ庁長官「危険な行為」

スポーツ庁の鈴木大地長官(伴龍二撮影) スポーツ庁の鈴木大地長官(伴龍二撮影)

前のニュース

 アメリカンフットボールの関西学院大と日本大の定期戦で日大選手による悪質な反則行為があった問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は14日の記者会見で「危険な行為で、普通ならレッドカードに値するプレーではないか。なぜああいうプレーが起きたのかを考える必要がある」と述べ、関東学生連盟に事実確認することを明らかにした。

 同庁は全米大学体育協会(NCAA)を参考にした大学スポーツの統括組織「日本版NCAA(仮称)」を来春創設し、安全対策などにも取り組む方針。鈴木長官は「今回の事案は大学スポーツ全体の課題として考えるべきだ。安全安心な環境を整備することが重要」と訴えた。

次のニュース

関連トピックス

「スポーツ」のランキング