PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】香川真司は“微妙”…本田圭佑は“急上昇” 西野Jは「コンディション」と「組織力」重視

香川真司
Messenger

 サッカーのW杯ロシア大会は14日、開幕まで1カ月となった。日本代表は先月就任した西野朗監督の下で再出発したばかり。31日に予定される23人の最終メンバー発表ではバヒド・ハリルホジッチ前監督体制下で厳しい立場にあった本田圭佑(パチューカ)、香川真司(ドルトムント)ら、長く代表の中心を担ってきた選手に注目が集まる。現状では本田がメンバー入りに大きく近づく一方、体調に不安を抱える香川は微妙な情勢。チームの起爆剤として2020年東京五輪世代が選出される可能性もある。

 西野監督が掲げる選手選考のポイントは、直近のコンディションと、日本がこれまで積み上げてきた組織力を生かせる能力だ。

 ここで本田の存在が急浮上した。メキシコ1部リーグでは29試合10得点と活躍した。2010、14年のW杯2大会で日本の全7戦にフル出場した。周囲の選手との連係にも問題はない。西野監督は、前監督が掲げたボール保持を重視せず縦方向に速い戦術とは一線を画す考えを示している。前監督の方針と相性が悪く、W杯メンバー入りも厳しかった本田には追い風だ。

 西野監督は当初から本田招集の意向を持っていた。先月12日の就任会見で「メキシコは4月で(今季が)終わってしまう」と、本田の試合勘を心配していた。本田は3日に帰国して国内で調整を進めており大きな障害はないとみられる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ