産経ニュース

【月刊パラスポーツ】パラトライアスロン・秦由加子 輝ける場所「もっとやれる」

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【月刊パラスポーツ】
パラトライアスロン・秦由加子 輝ける場所「もっとやれる」

バイクで走る秦由加子。2020年東京大会での活躍を期している(c)Satoshi TAKASAKI/(公社)日本トライアスロン連合(JTU) バイクで走る秦由加子。2020年東京大会での活躍を期している(c)Satoshi TAKASAKI/(公社)日本トライアスロン連合(JTU)

 2度目の大舞台へ、仕事と競技の両立を続け、朝6時からスイムやバイクの練習に汗を流し、仕事を終えた夕方から再びトレーニングする。「今季はバイク(自転車)の強化がテーマ」。まだまだ進化を続ける。

                  

【プロフィル】秦由加子

 はた・ゆかこ 1981年4月10日、千葉県生まれ。13歳のとき、骨肉腫のため、右大腿部から切断して義足に。社会人になってからスポーツを再開し、2016年パラリンピック・リオデジャネイロ大会に初出場して6位。昨年の世界選手権も6位。パラトライアスロンはスイム750メートル、バイク(自転車)20キロ、ラン5キロで競う。20年大会の実施種目(クラス)は年内に発表される予定。

関連ニュース

「スポーツ」のランキング