PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】日本ハム・清宮幸太郎、「6番・指名打者」で先発出場 2日の楽天戦

ノック後、金子誠コーチからアドバイスを受ける日本ハムの清宮幸太郎(左)=札幌市豊平区の札幌ドーム(撮影・野口隆史)
Messenger

 日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が2日、プロ入り後初めて1軍に出場選手登録され、同日の楽天戦(札幌ドーム)で「6番・指名打者」で先発出場することが発表された。

 清宮は早実高時代に高校通算111本塁打を放った注目のスラッガー。しかし、3月12日に体調不良を訴えてチームから離脱し、「限局性腹膜炎」と診断されて約2週間入院していた。開幕1軍は逃したものの、4月10日に2軍の公式戦で実戦に復帰。15試合に出場して4本塁打をマークするなど長打力を発揮し、1軍昇格が決まった。

 試合前の打撃練習で快音を響かせた18歳は試合前、「いよいよ始まるんだなという気持ち。いつも通りにやるだけ」と意気込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ