PR

スポーツ スポーツ

【写 2020パラスポーツ】負けず嫌いは筋金入り 車いすバスケットボール・古沢拓也

桐蔭横浜大のキャンパスで笑顔を見せる。4月から新生活が始まった=横浜市青葉区
Messenger

 「友達できましたよ」。新年度から編入した桐蔭横浜大のキャンパスで声を弾ませた。大学生と車いすバスケットボール日本代表の「ふたつの顔」を持つ。プレー中の迫力あるまなざしと違い、穏やかな笑顔が印象的だ。

 先天性の二分脊椎症。成長期に障害が出る可能性があるのは知っていた。小さい頃、日常生活に支障はなく、父親とのキャッチボールが日課。やんちゃな小学生時代は校長室に呼び出されたこともあった。野球が得意な人気者だった。

 しかし、小学6年の2008年、検診で脊髄空洞症と診断された。手術が必要な合併症で、術後は下半身にまひが残る。早めに手術をしないと手に障害が出る恐れもあった。ある程度覚悟はしていた。でも、“その時”はあまりにも早く、そして突然、訪れた。

 「キャッチボールもできず、中学で野球部にも入れない」。自分の足で歩けなくなることより、友達が自分を認めてくれた野球を奪われるのがつらい。悩む時間も選択肢もなかった。09年1月に手術、小学校には、6年の3学期途中から車いすで復帰した。いろいろと気遣ってくれる先生や友達の優しさがうれしい半面、寂しくもあった。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ