産経ニュース

【大前恵の勝つための食育】大谷翔平、食も順応 毎食60グラムのタンパク質で肉体維持

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【大前恵の勝つための食育】
大谷翔平、食も順応 毎食60グラムのタンパク質で肉体維持

ロイヤルズ戦をベンチから見つめるエンゼルス・大谷。食に対する順応能力も高く、活躍の原動力になっているようだ=カンザスシティー(共同) ロイヤルズ戦をベンチから見つめるエンゼルス・大谷。食に対する順応能力も高く、活躍の原動力になっているようだ=カンザスシティー(共同)

 圧巻の投球に、3試合連続本塁打-。新たな伝説への挑戦が海の向こうで幕開けしました。今季から米大リーグ、エンゼルスでプレーする大谷翔平選手の活躍ぶりが連日のように日本にも届いてきます。

 日本ハム時代からサポート契約をしている明治の管理栄養士として、少し前の話になりますが、春季キャンプに帯同してきました。2月10日から15日まで、場所はキャンプ地のアリゾナ州テンピです。気温は10度前後と思ったよりも肌寒く、天候も曇りがちでした。

 日本ハム時代は食生活もしっかりと球団が管理してくれた寮生活だった大谷選手にとって、初めての1人暮らしです。食事はパフォーマンスを発揮する上で欠かせない根幹部分です。

 最初の3日間はまだチーム全体でのキャンプは始まっておらず、大谷選手にとっては自主トレ期間でした。このため、クラブハウスで提供される食事はなく、すべて外食か自炊で済ませなければなりません。そして、キャンプが始まってからも夕食は自分で用意する必要がありました。そこで、日本からサポートスタッフが現地へ入り、簡単な調理を教えるとともに、キャンプ中の食事を大量に作り置きして巨大な冷凍庫で保存することになりました。

 メジャーの球団が提供する朝食は、基本的にはホテルのバイキングで出されるメニューと同じです。たとえば、卵とソーセージ、主食はパンとライス、そしてフルーツとヨーグルトなどの乳製品、生野菜です。ランチは主食、フルーツ、ヨーグルトに加えて牛、豚、鳥の肉がシンプルに調理されています。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大谷翔平、食も順応 毎食60グラムのタンパク質で肉体維持

「スポーツ」のランキング