PR

スポーツ スポーツ

【ラグビー】豪州関係者が日産ス視察 W杯決勝の舞台

日産スタジアムを視察したオーストラリア・ラグビー協会のレリーン・キャッスルCEO(左から2人目)ら=25日、横浜市
Messenger

 オーストラリア・ラグビー協会のレリーン・キャッスル最高経営責任者(CEO)が25日、2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で決勝などが行われる横浜市の日産スタジアムを視察し、「素晴らしい会場。大観衆が入れば(ピッチとスタンドの間に)陸上トラックがあることも気にならない。できれば来年の決勝でここに戻ってきたい」と印象を述べた。

 キャッスルCEOはロッカールームなど選手が使用する設備やグラウンドの状態をチェックし、「カーペットのように美しい芝」と称賛した。今年10月にはニュージーランド代表と伝統の定期戦「ブレディスロー杯」を日産スタジアムで行う予定。「移動面など来年のW杯に向けて、いい経験が積める」と期待感を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ