PR

スポーツ スポーツ

【J・今節のツボ】対照的なチーム状況で大阪ダービー、最下位G大阪が3位のC大阪を迎える

 一方、C大阪はJ1で現在3位とG大阪とは対照的。アジア・チャンピオンズリーグでは決勝トーナメント進出を逃したが、17日に敵地で戦った広州恒大戦には杉本や山口ら主力を帯同させなかった。大一番となるダービーに照準を合わせ、敵地に乗り込んでくる。

 G大阪には、データの後押しがある。大阪ダービーは5試合連続で負けがなく、ホームに限れば8戦負けなし(7勝1分け)と得意にしている。今季から就任したクルピ監督は過去にC大阪を率い柿谷や清武らを指導した。相手中心選手の特長を理解する指揮官がいるのも好材料だ。

 21日の大阪府内は最高気温が27度に達すると予想され、季節外れの暑さとなりそう。チケットはすでに完売となっており、両チームのサポーターが作り出す熱気の中で、熱い戦いが繰り広げられそうだ。(21日午後7時、大阪府・パナソニックスタジアム吹田)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ