PR

スポーツ スポーツ

【バレー】全日本女子バレーが始動 世界選手権へ「絶対に表彰台を」

ネーションズリーグ登録18選手が記者会見し、抱負を語った。中列右から井上愛、黒後=東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
Messenger

 新シーズンを迎えたバレーボール女子日本代表が17日、東京都内で記者会見し、中田久美監督は「昨シーズン築き上げた土台を軸に、世界選手権では表彰台に上るべくチームの強化を進めていきたい」と意気込みを語った。

 チームは2日から都内で強化合宿を開始。今季は5月から始まる新設大会のネーションズリーグとアジア大会(8月、ジャカルタ)、世界選手権(9~10月、横浜など)が主戦場になる。

 昨季に続き主将を託された岩坂名奈(久光製薬)は「今季は昨年以上に結果が求められる。戦う集団としての覚悟を持って取り組みたい」と力を込めた。

 この日はネーションズリーグの登録選手18人も発表され、岩坂のほかアタッカーの古賀紗理那(NEC)、黒後愛(東レ)らが選出された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ