PR

スポーツ スポーツ

【ボクシング】村田諒太、TKOで初防衛 王座剥奪の比嘉大吾敗れる

【ボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチ】村田諒太vsエマヌエーレ・ブランダムラ 笑顔を見せる村田諒太=横浜アリーナ(今野顕撮影)
Messenger

 ボクシングのダブル世界戦が15日、横浜アリーナで行われ、2012年ロンドン五輪金メダリストで世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)に8回2分56秒でTKO勝ちし、初防衛を果たした。鋭い左ジャブなどで序盤から重圧をかけ、優位に進めた。

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級では体重超過で王座剥奪となった比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が同級2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回1分14秒TKOで敗れた。プロ初黒星で16試合連続KO勝利の日本新記録はならなかった。ロサレスが新王者となった。

 戦績は32歳の村田が15戦14勝(11KO)1敗、38歳のブランダムラは30戦27勝(5KO)3敗。23歳のロサレスは30戦27勝(18KO)3敗、22歳の比嘉は16戦15勝(15KO)1敗。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ