PR

スポーツ スポーツ

【大相撲】白鵬、父の葬儀終え再来日 心と体を整理し、夏場所へ

父の葬儀を終え、来日した白鵬。休む間もなく、16日から春巡業へ復帰する=15日午後、成田空港(奥村展也撮影)
Messenger

 大相撲の横綱白鵬が15日、父のジジド・ムンフバト氏の葬儀参列のため帰国していたモンゴルから成田空港着で再来日した。13日の葬儀は雪の中、執り行われたという。「無事に最後まで送ることができた。心と体を整理して(5月の)夏場所に臨めたらと思う」と神妙に語った。16日から春巡業に復帰する。

 9日に76歳で死去したムンフバト氏はレスリングで1964年東京大会から五輪に5大会連続で出場し、68年メキシコ大会では銀メダルを獲得。モンゴル相撲でも横綱となった。2020年東京五輪を父と一緒に見ることが夢だったという白鵬は「一つ悔いというか、目標を失ったけど、これからどういう形で闘っていくか、努力していくかは自分次第」と今後を見据えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ