産経ニュース

【ボクシング】比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて

スポーツ スポーツ

記事詳細

更新

【ボクシング】
比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて

不安そうな表情で一回目の計量へむかう比嘉大吾(左)と具志堅用高会長=都内(撮影・今野顕) 不安そうな表情で一回目の計量へむかう比嘉大吾(左)と具志堅用高会長=都内(撮影・今野顕)

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾選手(22)=白井・具志堅スポーツ=が14日、東京都内で行われた3度目の防衛戦(15日・横浜アリーナ)の前日計量で制限体重をクリアできず、王座を剥奪された。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、世界戦で日本選手が計量に失敗するのは初めて。

 WBC、両陣営は試合を実施する意向だが、15日午前8時の計量で比嘉選手が55・3キロをオーバーした場合は中止になる。試合が行われてクリストファー・ロサレス選手(23)=ニカラグア=が勝てば王座獲得。引き分けか負けならば王座は空位になる。比嘉選手がKO勝ちすれば、日本新記録の16試合連続KO勝利は認められる。

 フライ級の制限体重は50・8キロで1回目は51・7キロ。2時間の猶予を与えられたが、再計量はしなかった。比嘉選手の所属ジムの具志堅用高会長は「ファンに大変申し訳ない。選手を信用していた。まさかという気持ち」と深々と頭を下げた。

このニュースの写真

  • 比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて
  • 比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて
  • 比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて
  • 比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて
  • 比嘉大吾選手の世界王座剥奪 計量失敗、日本選手初めて

関連ニュース

「スポーツ」のランキング