PR

スポーツ スポーツ

【サッカー日本代表】西野朗監督、W杯1次リーグ突破目標 「最高の化学反応起こせるチームに」

監督就任会見で撮影に応じる西野朗監督(右)と日本サッカー協会・田嶋幸三会長=12日、東京都文京区(加藤圭祐撮影)
Messenger

 選手たちは、それぞれの「色」を持っている。西野新監督は会見で強調した。「個人のプレーに制限をかけたくない。本来の自分を出せるようにしたい」。個々が最大限の力を発揮できる環境作りが短期間でチームを作るカギと考えている。

 技術委員長として2年間、ハリルホジッチ前監督を支えてきた中で違和感を抱えていた。所属クラブで躍動している選手の多くは代表にやってくると輝きを失った。選手の心身が前監督の厳しい要求や徹底管理に対応しきれなかった。

 日本の最大の武器とされる組織力を軸にチームを作る。選手個々の力はもちろん、連係面などにおける互いの相性や成熟度なども意識して選手選考を進める方針。「最高の化学反応が起こせるチームとして、結集していきたい」と強調した。

 攻撃的スタイルを好む指揮官は、力が上とみられる3チームと対戦するW杯1次リーグでは、守りを固める時間帯が必要なことも理解している。「(選手の意識を)統一した試合運びをしたい。どんな相手でも勝機はある」。苦境に立ち向かう。(小川寛太)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ