PR

スポーツ スポーツ

【MLB】「投手」大谷翔平が2勝目 7回1安打12Kの圧巻投球

アスレチックス戦に先発、7回を抑え雄たけびあげるエンゼルス・大谷翔平=8日、エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
Messenger

 【アナハイム=住井亨介】エンゼルスの大谷翔平(23)が8日、アナハイムでのアスレチックス戦に2度目の先発登板し、7回を12奪三振、無失点に抑える好投を演じて2勝目をマークした。7回91球を投げて1安打、12三振、1四球。防御率は2.08。エンゼルス打線は初回に2点を先制。その後も効果的に加点して大谷を援護し、6-1でアスレチックスを下した。

 本拠地初登板の大谷は最速99マイル(約159キロ)の速球と鋭く落ちるスプリットボールのコンビネーションが冴え、七回1死まで1人の走者も出さないパーフェクトに抑えた。三振も毎回の12個を奪う圧巻の投球だった。

 大谷は1日に敵地オークランドでのアスレチックスに初先発し、6回を3失点に抑え、初勝利を挙げており、開幕2連勝となった。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ