PR

スポーツ スポーツ

【競泳】池江璃花子が日本新2連発、出場4種目全て日本新

Messenger

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)、パンパシフィック選手権(8月・東京)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル自由形は17歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が自身の日本記録を0秒43更新する53秒03で優勝し、代表に決まった。池江は50メートルバタフライでも自らの日本記録を0秒01塗り替える25秒43をマークし、今大会は出場4種目全てを日本新で制した。

 女子は400メートル個人メドレーを大橋悠依(イトマン東進)が自らの日本記録を0秒60縮める4分30秒82で制し、2位の清水咲子(ミキハウス)とともに代表入り。200メートル平泳ぎは青木玲緒樹(ミキハウス)が2分21秒85で勝ち、2位の渡部香生子(早大)も代表となった。200メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン南越谷)が2分8秒28の高校新で代表権を獲得した。

 男子400メートル個人メドレーは4分10秒69で優勝した萩野公介(ブリヂストン)と2位の瀬戸大也(ANA)が代表に決定。100メートル自由形を48秒22で制した中村克(イトマン東進)も代表となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ