PR

スポーツ スポーツ

【MLB】2試合連発の大谷翔平「本塁打の確信はなかった」「うれしかった」 一問一答

インディアンズ戦5回、2号2ランを放ちベースを回るエンゼルス・大谷翔平(投手クルバー)=4日、エンゼル・スタジアム(リョウ薮下撮影)
Messenger

 大谷選手の一問一答は次の通り。

 --前日に続いて本塁打を放った

 「きょうも確信はなかった。二塁にランナーがいたし、ヒットでいいかなと思って、しっかりコンパクトにいったつもりだった。何とか越えてくれて良かった」

 --相手先発のクルバー投手対策は

 「一通りデータは見た。やっぱりレベルの高い投手だなとは打席に立っても感じた。投げミスが極端に少ないので、その中で、たまたま僕の打席であの球は投げミスだったと思う。そこをしっかり打てたのは僕にとってラッキーだった」

 --本塁打の直前の球はファウルにした

 「内側のカットボールは結構狙っていた。ファウルにしてしまったというか、させられたというか、多少投げミスでも切れのある球なのでそういうふうな結果になったのは悔しかったが、次の球にしっかり入っていけたのは良かった」

 --初本塁打との違いは

 「どちらもうれしかった。やっぱり、いいところで打てたのはすごい良かった」(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ