PR

スポーツ スポーツ

【競泳】日本選手権開幕 池江璃花子が100バタで日本新マークし4日の決勝へ 

Messenger
女子100メートルバタフライ準決勝で56秒58の日本新をマークし決勝進出を決めた池江璃花子=3日、東京辰巳国際水泳場
女子100メートルバタフライ準決勝で56秒58の日本新をマークし決勝進出を決めた池江璃花子=3日、東京辰巳国際水泳場

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権は3日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、女子100メートルバタフライ準決勝で池江璃花子(ルネサンス亀戸)が56秒58の日本新記録をマークして4日の決勝に進んだ。自身が2016年リオデジャネイロ五輪で樹立した従来の記録を0秒28更新した。

 男子400メートル自由形は江原騎士(自衛隊)が3分46秒64で制し、アジア大会とパンパシフィック選手権(8月・東京)の代表に決まった。萩野公介(ブリヂストン)は2位で日本水連が定めた標準記録を切れず、この種目で今大会での代表入りを逃した。

 女子50メートル平泳ぎは、午前の予選で30秒64の日本新を出した鈴木聡美(ミキハウス)が30秒95で優勝し、女子50メートル背泳ぎは酒井夏海(スウィン南越谷)が27秒82の高校新記録で勝った。

 男子100メートル平泳ぎ準決勝は小関也朱篤(ミキハウス)が58秒96で、同100メートル背泳ぎ準決勝は入江陵介(イトマン東進)が53秒39でトップ通過した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ