PR

スポーツ スポーツ

「シンクロ」の呼び名変わります→4月から「アーティスティック」 日本水連が名称変更

 リオデジャネイロ五輪のシンクロナイズドスイミング・チームで銅メダルを獲得した日本の演技=2016年8月(共同)
Messenger

 日本で定着している「シンクロ」の名前が消える。日本水泳連盟は4月1日から、シンクロナイズドスイミングの名称を「アーティスティック(芸術的な)スイミング」に変える。国際水泳連盟の決定に伴う対応で、日本代表を何度も世界の表彰台に導いた井村雅代ヘッドコーチが率いる「井村シンクロクラブ」も「井村アーティスティックスイミングクラブ」となる。

 国際オリンピック委員会(IOC)から、ソロや混合種目では「シンクロナイズド(同調した)」の表現がふさわしくないとの指摘を受け、国際水連が昨夏の総会で改称を決めた。既に国際大会は新たな名前で実施されている。4月27日開幕のジャパン・オープン(東京辰巳国際水泳場)がアーティスティックスイミングとして国内で初めて行われる主要大会となる。

 日本水連は略称として「アーティスティック」や「AS」を採用する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ