PR

スポーツ スポーツ

【フィギュア】宇野昌磨、右足甲の痛み悪化 世界選手権SPは出場へ

20日午前の練習でジャンプの着氷が乱れる宇野昌磨=ミラノ(共同)
Messenger

 フィギュアスケート男子の平昌五輪銀メダリスト、宇野昌磨(トヨタ自動車)が、ミラノでの世界選手権開幕を翌日に控えた20日午後の練習で右足甲の痛みを悪化させ、数分で切り上げた。同日夜に病院で検査を受けた結果、骨折はなく、日本スケート連盟の小林芳子強化部長は21日、予定通り22日のショートプログラム(SP)に出場する方針を明らかにした。

 宇野は4回転フリップが絶不調だった20日午前の練習後、スケート靴を五輪直後に替えてしっくりきていないと話していた。小林強化部長は「靴の調子が良くなくて痛めた。痛みは替えた時からずっとあった」と説明した。演技構成を変更して臨むという。

 宇野は20日午後の練習後、アイシングをしながら関係者に背負われて帰りのバスに乗り込む際、報道陣に「大丈夫でーす」と話した。21日は練習も途中で切り上げた。(共同)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ