PR

スポーツ スポーツ

【大相撲春場所】貴乃花親方、初の“出勤” 役員室に3時間滞在

大相撲三月場所9日目、引きあげる貴乃花親方=19日、エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
Messenger

 大相撲の貴乃花親方(元横綱)は春場所9日目の19日、エディオンアリーナ大阪内にある役員室に約3時間滞在し、今場所初の“出勤”が実現した。役員待遇委員の同親方は初日から欠勤を続け、姿を現した5日目(15日)以降は役員室での滞在時間が1分程度の日があるなど短時間で、日本相撲協会執行部から「出勤とは認められない」などと書面で注意を受けていた。

 19日は弟子の十両貴公俊関による暴行問題を受け、危機管理委員会の事情聴取を終えると、午後2時すぎに姿を見せた。

 関係者によると、貴乃花親方は他の親方と言葉は交わさず、弟子の幕内貴景勝関の取組後に日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)ら幹部よりも先に退室。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「今日は大丈夫」と出勤を認めた上で、「(不祥事発生翌日の)今日は理事長より先に帰ってもらいたくなかった」と苦笑いを浮かべた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ