PR

スポーツ スポーツ

【プロ野球】上原浩治がフリー打撃初登板、Gナインびびらせた41球

Messenger

 ナインからは、驚きの声が続出した。特に、メジャーで鳴らしたスプリットが鮮烈だったようで、亀井は「(4月3日の誕生日で)43歳の球じゃない。球種が分からなかったら絶対に打てない」。北村は「ストライクからボールになる球ばかり」。宇佐見も「球種を言われなければ全部振っていた」と目を丸くした。

 スピードがあるのにストンと視界から消える、まさに“魔球”。石川は「普通は多少(直球より)腕の振りが緩むが、あんなに振って投げられる投手はいない」と証言した。それでも、上原本人は「(メジャー公式球に比べ)滑らないので逆に引っかかるのが気になる」と、さらなる精度アップだけを見据えた。

 今後は2度のフリー打撃登板を経て実戦に臨み、順調なら20日の日本ハムとのオープン戦(東京ドーム)で1軍登板する見込みだ。巨人ブルペン陣に、頼もしすぎる右腕が加わった。 (伊藤昇)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ