PR

スポーツ スポーツ

【卓球】水谷隼、張本智和破って4度目V、女子は早田ひなが初優勝 ジャパン・トップ12

女子で初優勝し、観客の歓声に答える早田ひな=3日、駒沢屋内球技場
Messenger

 卓球のジャパン・トップ12大会は3日、東京・駒沢屋内球技場で行われ、男子は水谷隼(木下グループ)が3大会ぶり4度目の優勝、女子は早田ひな(日本生命)が初優勝し、それぞれ賞金100万円を獲得した。決勝で水谷は全日本選手権を史上最年少で制した14歳の張本智和(エリートアカデミー)を4-2で破った。早田は橋本帆乃香(ミキハウス)を4-0で退けた。

 全日本のベスト8に日本協会推薦を加えた男女各12人が4組に分かれて1次リーグを戦い、各組1位が準決勝に進む形式で争われた。女子で全日本3冠を達成した伊藤美誠(スターツ)や平野美宇(エリートアカデミー)、石川佳純(全農)は出場していない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ